bookmark

革財布 小銭入れ 使い勝手

革財布 小銭入れ有無による使い勝手の違い

小銭入れの有無による、使い勝手の比較

小銭入れがあるタイプの革財布

長財布にも2種類あり、沢山入る大きなタイプと薄くスマートなタイプがあります。
どちらを選ぶかによって使い勝手が大きく変わるかと思います。
簡単に二つのタイプのメリット、デメリットを挙げますので、参考にしてみて下さい。
(○→メリット ×→デメリット)

小銭入れがある財布のメリット・デメリット(沢山入る大きなタイプ)

○小銭入れがありカードやお札等も沢山しまうことが出来る
○何でも一つに納まるので小銭入れだけを忘れたりすぐに整理したりする必要がない
×大きく重いためポケットなどには入りにくい
×何でも詰め込んでしまい財布がパンパンになって格好が悪くなってしまうことがある

小銭入れが無い財布のメリット・デメリット(薄くスマートなタイプ)

○上品で大人な印象を与えられる
○薄く軽いのでポケットに入れやすい
×小銭入れがないので、小銭入れを別に持ち歩かなくてはならない
×収納力に乏しいため無駄なものを入れないよう意識しなくてはならない

 

このように比較してみると、使う場面やスタイルに応じて自分に適切な長財布が見えてくるのではないでしょうか。


ココマイスター 革財布

自分に合った財布の選び方

現金での買い物が多く、会員カードや領収書なども良く利用する主婦や女性の方には沢山入る大きなタイプが人気です。

一方、ビジネスでの利用が多い男性ならば薄いスマートなタイプ。
スーツの内ポケットなどからサッと取り出す姿はとても紳士的ですね。

現金をあまり持ち歩かず、普段のお買い物はクレジットカードがメインであれば、
小銭入れを常に持ち歩く必要もありませんのでこちらのタイプをおすすめします。
お財布の中身は出来るだけコンパクトにまとめておきたいという方も是非こちらを。

長財布選びのポイント

さて、長財布における一番の大きな違いを見てみると小銭入れの有無ということになりますね。

たとえばコンビニや自販機など、ちょっとした買い物が多い場合は小さな小銭入れだけを持っていけば一つですんでしまいますし、ここぞという時のデートや、ビジネスシーンでの利用では薄くスマートな長財布で格好良く決まります。

とにかく分けるのが面倒!、全部一つにまとめて常に持ち歩くのが苦にならないという方には、大きなタイプの方が向いていますね。つまり、自分の生活スタイルをよく考えて財布選びをすることが大切ということですね。

 

ココマイスター 革財布


ホーム RSS購読 サイトマップ