bookmark

本革 財布

日本製・イタリアンレザーの本革財布

革財布のお手入れの仕方

コードバン財布

革製品にはこまめなお手入れが必要不可欠です。

使ってみたいけれど、お手入れが面倒で複雑そう…。と思っている方も多いと思いますが、慣れてしまえば難しいことはありません。

 

購入直後は無理に中身を詰め込まない事が大切です。

 

急にカードや小銭を入れてしまうと皮が無理に伸びてしまい、型くずれの原因になります。また、男性の場合はヒップポケット等に入れてしまいがちですが、これも形が崩れてしまったり汗などで傷んでしまうことが多いので注意が必要です。

 

日々のお手入れ

基本的には柔らかい布で優しく拭いてあげることが大切です。

毎日乾拭きでさっと拭くだけでもツヤの出方が変わってくるはずです。

柔らかい布をわざわざ用意する必要はありません、古くなった肌着や手元にある眼鏡拭きで大丈夫。

 

ミンクオイル

また、定期的にミンクオイルを塗ってあげることも大切です。

 

ミンクオイルは革へ油分を補い、綺麗な濃い色へする作用や布自体を柔らかくする作用があります。使い方はほこりや汚れを拭いた後に、乾いた布にミンクオイルを適量しみこませ革に優しくなじませて下さい。その後に何もついていない柔らかい布で乾拭きします。

 

ミンクオイルが必要以上に残ってしまっていると、ベタついたり最悪の場合はカビてしまいますので、注意が必要です。

 

汚れてしまった場合

うっかり汚れてしまった場合はまずは濡らし、堅く絞った柔らかい布で優しく拭いて下さい。簡単な汚れでしたらすぐに拭きとることで落ちるはずです。

 

それでも落ちない頑固な汚れが付いてしまった場合は、革用のクリーナーを使ってみて下さい。こちらは強度や用途により様々な種類がありますので、自分のお財布に合った物を探し、必ず目立たないところで試してから使用して下さい。

 

汚れはしっかり落ちますが、同時に革へのダメージがあるということも忘れないでください。汚れを落とすつもりがシミになってしまった!ということのないように気をつけてお手入れして下さいね。

 

濡らしてしまった場合

革製品に水分は大敵です。出来るだけ濡らさないように気をつけたいですが、もしも濡れてしまった場合は、乾いた布で水分を拭き取ってから風通しの良い場所で陰干しして様子を見て下さい。

 

慌ててドライヤーや日干しなどで無理に乾かそうとしてしまうとダメージを与える結果になってしまいますので避けて下さいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ