bookmark

革 長財布

金運が上がる財布とは?

金運が上がるお財布にするための方法

同じ稼ぎでも、非常に金運に恵まれている方とそうではない方がいます。
その違いは一体どこから来るのでしょうか?
お財布による金運あるあるをご紹介していきましょう。

 

黄色の財布≠金運UP

黄色の財布を持つと金運がUPするという話は、多くの方がご存知かと思います。 しかし、受け売りの知識だけで黄色の財布を選んでいると、大きな間違いを犯してしまうことにもなり兼ねません。

 

実は、黄色は黄色でも真っ黄色は良くないとされています。
お金が入って来ても出て行ってしまうと言われている色なので、出て行くのを防ぐためには黄土色が良いと言われています。

 

黄土色だとお金を留まらせる効果があるので、散財をしなくて済むという訳です。 黄色なら何でもいいと思っていた方は、今すぐにでもお財布を変えた方がいいかもしれませんね!

 

色々入る機能的な財布

どんな場面でも、お会計というのはスマートに済ませたいものです。
それを考えると、お札も小銭もレシートもカードも一緒に入れてしまいたいと思っている人が多いはず! 一つの財布に何でも入る機能的なものは便利です。

 

でも、そのお陰でまるでゴミ屋敷の如く「何が入っているか把握できない」という状態になっていませんか? 「気が付くといつもパンパンに膨らんでいる」という方もいるでしょう。

 

財布の中身というのは、その人の心から経済状態まで表している鏡とも言えます。 ごちゃごちゃしていたら、金運を逃すことにもなります。
また、革財布を使っている方の場合、小銭やカードのでっぱりによって革に悪影響を及ぼしています。

 

財布はお金の家でもあるので、しっかりと守るようにしましょう。

 

高過ぎる財布&安過ぎる財布

高い財布に沢山のお金が入っているのなら問題ありません。
しかし、見栄だけ張って相応のお金が入っていないのなら、お金の流れを止めていることになります。 安過ぎる場合も同じです。


持っている金額に対して安過ぎる財布を持ち歩くと、相応の経済状態に落ち着いてしまいます。

 

裸銭はお金の流れを把握できない

なぜか財布を持たない主義の方がいます。
しかし、裸銭だとお金の流れが把握出来ません。
気が付けば散財していたということにもなり兼ねないので、
今すぐ裸銭はやめましょう。

 

いかがでしたか? 少しでもハッとした方は、財布に対する意識改革をすることで金運がUPするかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ