bookmark

革 長財布

革財布と別に小銭入れを持つ意味は?

小銭入れを持つことの意味

コードバンの小銭入れ

日本は世界的に見ても硬貨が多い国です。
1円玉・5円玉・10円玉・50円玉・100円玉・500円玉と、全部で6種類もあります。


便利だなと思うこともあれば、お札が崩れた時は不便だなと思うこともありますよね? この硬化を、皆さんはどのようにして持ち歩いていますか?


愛用している財布が長財布か二つ折り財布かで意見が分かれそうですが、財布になんでも入れてしまうと可哀相な見た目になってしまいます。


そこでお勧めしたいのが小銭入れです!
男性なら小さめの革財布、女性なら和風のがま口タイプがお洒落に見えます。

 

財布の形状はひとまず置いておきまして、
小銭入れを使用することで硬貨が増えるのを防ぐことが出来ます。
同じ財布にお札と硬貨が入っていると、
ついお札を崩してそのまま小銭入れに硬貨を入れてしまうことが多くないですか?

 

美しいお財布にはお金のパワーが宿る


小銭入れを別に持つことで、
沢山の硬貨を持ち歩きたくないという気持ちが生まれます。
財布が1つだとあまり気にしませんが、
小銭入れだと手に取っただけで重さが分かります。


レジの後ろに並んでいる人の迷惑になるという考え方もありますが、 お札ばかりを使ってお店に迷惑を掛けずに済むという効果が生まれる確率の方が高いのです。

 

また、硬貨とカード類で膨れ上がった財布は、形が戻らなくなってしまいます。
これは革財布だけだと思われがちですが、布でもビニールでも型崩れすることには変わりありません。


お金の住処は、次の新しい財布に交換するまで綺麗に保ちましょう。
汚い財布にはお金のパワーが宿りません。

 

小銭入れを持つことで意外な節約効果が?

 

小銭入れを持つことで節約効果が生まれるという利点もあります。
近所の買い物に行く時は、大きな財布を持ち歩かないようにします。


小銭入れに千円札だけを忍ばせて行くのです。
千円札と硬貨だけで買い物をする習慣を身に付ければ、無駄な買い物をせずに済むのです。

 

財布を2つ持ち歩くことは、最初は面倒だと感じる人が多いようです。
しかし、慣れてしまえば一緒にして持ち歩くよりも便利なことが多いです。


何よりも、メタボ体型のような膨れ上がった財布にならなくて済むので、
とても整理整頓が上手な人にも見えます。
今すぐカード類と硬貨を整理して、 小銭入れを持ち歩く生活を心掛けてみませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ