bookmark

革 長財布

使い終えた財布はどのように処分すればいいのでしょうか。

長財布のメリットデメリット

長財布は紙幣を折らなくて済むために、
お金のパワーが宿りやすいと言われています。

実際に仕事が出来る人やお金を持っている人は、
長財布を持つ傾向にあると言われています。

 

しかし、毎日のように使用する財布なので、
どんなにいいと言われても使い難ければ持ち歩きたくはなくなるものです。
主婦や若い女性の中には、
「大きいから長財布は持ちたくない」と仰る方もいます。
そういう方は大抵コンパクトな二つ折り財布を持っています。


でも、長財布にも魅力はあるものです。
どんなメリットとデメリットがあるのかをご紹介しましょう。

 

メリット

長財布は基本的にシンプルな作りのものが多いです。
お札入れとカード入れが装備されているくらいで、
小銭はそれほど入らないような仕組みになっています。
そのお陰か、女性よりも男性に好まれる傾向にあります。

 

男性はバッグを持ち歩かずに、胸ポケットやパンツの後ろポケットに財布を入れる方が多いです。長財布だとかさ張らないので、ポケットの型崩れが防げます。
出し入れする時も、手際よくお金が出せるという特徴もあります。

 

また、長財布だと折らずにお札が入れられるので、
綺麗なまま揃えて入れられます。お札は折って収納するよりも、そのまま入れた方が金運が逃げにくいとされています。

 

バッグに入れた時は、幅を取りますがかさ張るようなことはありません。
バッグ内で移動しないこともあり、探す必要もなくなります。

 

デメリット

小銭がそんなに入らないので、長財布以外に小銭入れが必要となります。
会計の時に小銭を出そうとすると、少し手間が掛かってしまうことが難点です。

 

カード類を収めるポケットはついていますが、それほど多くの収納はありません。 多く持ち歩いている方は、別にカード入れが必要となります。
荷物が増えるということにもなり兼ねません。

 

ポケットに入れて持ち歩きたくなる長財布ですが、
紛失しやすいという最大のデメリットがあります。
チェーンで止めている方もいますが、服装によっては使用出来ない場合もあります。
その結果、財布だけで持ち歩き難くなります。

 

いかがでしたか? とてもスッキリしている分、
かえって荷物になってしまうという欠点もあります。
収納が沢山ある長財布もありますが、これだと太った財布になってしまいます。
用途に応じて選んだ方がいいかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ