bookmark

革 長財布

使い終えた財布はどのように処分すればいいのでしょうか。

財布のお手入れについて

たかが財布、されど財布です。
人が持ち歩くものには、個人個人の魂が宿るとも言われています。
毎日のように持ち歩く財布を、適当に扱ってはいないでしょうか?
もし、今まで全くお手入れをしていないのだとしたら、
自分自身を磨いていないのと同じことになります。

 

財布の種類で圧倒的に多いのは革です。
ビニールや布製品もありますが、使っていくうちに味わいが出てくるのは革財布だということをご存知でしょうか?

 

しかも、それほど安いものではないので、それなりに神経も使わなければなりません。 革財布を購入したら、しっかりとお手入れをしてあげましょう。

 

乾拭き(出来れば毎日)

綿の布で力を入れずに乾拭きをします。
手の油や空中に舞う塵で汚れが付着しやすいので、
軽く乾拭きするだけで汚れが取れます。

 

また、革の中から油分がしみだしてくるので、防水効果も出てきます。
毎日の乾拭きで光沢が出てきて、
使う度に革の味わいが変わってくることも楽しめます。

 

専用のクリーナーまたはクリームの使用

革が汚れた場合、時間が経つごとに汚れが浸透していってしまいます。
放っておくとシミ状になってしまうので、出来るだけ早く汚れを取り去るようにします。 最初に綿で革の表面の塵を取り去ります。

 

その後に、財布に使用されている革にあった専用クリーナーまたはクリームを使用して汚れを拭き取ります。
なかなか落ちないからと言って、沢山つけることは避けましょう。
ムラが出来ないように少しずつ磨きます。

 

水分を含んだ場合

革に水分は禁物ですが、雨の日などは水を避けられないこともあります。
出来るだけ乾いた手で触るように気を付けるべきですが、
濡れてしまった場合は綿の布でしっかり拭き取りましょう。

 

風通しの良い場所で陰干しをして、乾くまで待つようにしてください。
熱を加えると革が劣化しますので、ドライヤーやアイロンなどは避けてください。

 

適度な保護クリームと油分

傷がつくとそこに汚れが入り込んだり変色したりします。
水分も入りやすくなるので、定期的に保護クリームを塗布しましょう。

 

また、磨くことで油分が染み出てくる革ですが、
おざなりにしていると乾いてきてしまいます。
乾いた革は表面が割れやすくなるので、油分を補充するようにしてください。
必ず革に合ったものを使用しましょう。

 

革財布に限らず、ビニールや布製のものも汚れが気になったら綺麗にしましょう。
また、普段から小銭やカードで膨らませないようにすることも、
財布を長持ちさせる秘訣になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ