bookmark

革 長財布

使い終えた財布はどのように処分すればいいのでしょうか。

使い終えた財布の処分法とは

財布の寿命は3年と言われています。
実際はもっと使用している方もいらっしゃるようですが、
3年くらいだと「まだ使えそう」というものがほとんどだと思います。

 

もし3年で処分するとして、皆さんが悩んでしまうのが
「どうやって捨てればいいの?」というものではないでしょうか?

 

なんとなく取っておこうと思うものの、
使い道がないのであれば捨てたいとも思いますよね?
使用済みの財布はゴミとして捨ててしまっていいものですが、
金運を気にするのであれば処分方法にも気を遣った方がいいようです。

 

風水的観点から

金運をアップさせる捨て方があるようです。
ゴミとして出すのはいいのですが、そのまま捨てないほうがいいそうです。
中身が分からないような袋に入れて捨てればいいだけです。

 

金運が悪かった方は、白い紙袋がそれまでの運を断ち切ってくれます。
水辺のあるところで処分するのが風水的には良いようですが、
雨の日に捨てることで解消できます。

 

素材を確認してリサイクル

財布の中でも一番多いのが革財布です。
革の場合はリサイクルも可能なので、
リサイクル法を確認して処分するというのもいいでしょう。
革を必要としているところがあれば、
二束三文だとしても売った方がいいかもしれません。

 

お焚き上げ

筆者としては少々大袈裟過ぎるかなと感じてしまうものですが、
今までお世話になった財布をそのまま捨ててしまうのが忍びないという方は、
ぜひともお焚き上げをしてもらってください。

 

鳥取にある金持神社では、年4回のお焚き上げが行われています。
近くの神社でも行ってくれるかもしれないので、
お問い合わせしてみることをお勧めします。

 

タンス貯金・ヘソクリ用

長年使っている財布には金運は宿りません。
でも、まだ使えるのに捨てるのも気が引けるという方は、
タンス貯金もしくはヘソクリ用に使用してみましょう。

 

銀行等で貯めるほどではないほんの少しの貯金なら、
古い財布の中で眠らせておくのもいいでしょう。


筆者は、何ヶ月後かに購入したい物の貯金用に古い財布を使用しています。
中には家族や友人にプレゼントしてしまうという考えもあります。
しかし、長年使ってきた財布では金運が宿らないので、
人に渡すのはやめましょう。
お相手が喜んだとしても、実は有難迷惑なんてことにもなり兼ねません。


ホーム RSS購読 サイトマップ